サービス概要 - プリンシパル・グローバル・インベスターズ株式会社

投資一任契約に関わるリスクおよび費用について

リスクについて

投資一任契約に基づく有価証券等の運用には主に以下のようなリスクがあります。

価格変動リスク:
株式の価格は、政治経済、発行会社の財務状態により、また債券の価格は市場の金利水準の変化により変動する可能性があります。なお、新興国の証券市場は、先進国の市場に比べ、一般に市場規模や取引量が小さくまた流動性も低いので、価格の変動性も大きくなることが考えられます。
信用リスク:
発行者の経営・財務状況およびそれらに関する外部評価や信用状況の変化による影響を受けます。
流動性リスク:
市場規模や取引量が少ない場合、組入銘柄を売買する際にファンダメンタルズから期待される価格で売買できない可能性があります。
カントリー・リスク:
投資対象国の政治経済、税制、法的規制などの影響を受ける可能性があります。
為替変動リスク:
外貨建資産への投資に関しては原則為替ヘッジを行ないません。したがって、円ベースの運用成果 は為替レートの変動に大きく影響されます。

有価証券の運用には上記のような様々なリスクがあり、元本に欠損が生じるおそれがありますので、弊社とのご契約をご検討いただく際には、契約締結前書面等の内容をよくお読みいただき、お客様ご自身の判断と責任においてご決定していただく必要があります。

投資一任契約に関わる費用について

弊社とお取引いただく場合には、お客様に投資顧問報酬をご負担いただくことになります。この 報酬には別途消費税がかかります。また、お客様に委任された投資運用に伴う有価証券取引には売買委託手数料、有価証券等の保管と管理にかかる信託報酬および管理手数料他、各種の費用はお客様のご負担となります。

これらの投資顧問報酬とその他の費用については、委任いただく運用戦略、運用資産の額、個々の取引その他に応じて決定されますので、金額や計算方法を予め記載することはできません。詳しくは契約締結前書面等をよくお読みいただき、お取引いただく必要があります。